今月のことば

お彼岸とは、太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を“彼岸”と呼び、この期間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことができると考えられていたそうです。

私は  “毎日無事に過ごせる事に感謝” それが極楽浄土へつながるのでは、と思っています。9月21日は中秋の名月(残念ながら、この日日は雲で見えず)でしたが、前日にまん丸のお月様を見ました。ありがたいありがたい!!

お知らせ

一覧